「“愛してる”と胸を張って言える男になりたい」 4回生 十河立希

こんにちは。主将の十河です。

この1年間チームのキャプテンとして駆け抜けてきて、それも残り1日で終わりと思うと感慨深い気持ちになります。

明日の試合後にキャプテンとしてのブログを載せたいと思うので、今回のブログでは「ありのままの十河立希」を伝えたいと思います。文章力が全くないので読みづらいかもしれませんが、部内含めて何処かの誰かに響くことが有れば嬉しいです。よろしくお願いします。

「4回生って良いですよね。面白いし何かカッコイイです。」

これは以前、河内と白須賀と3人で飲みに行った時に3回生マネージャー白須賀大先輩から言われた一言である。

手前味噌になるが、自分でも心の底から同じように感じる。

本当にこの学年で良かった。

同期との時間が1番落ち着くし、それでいて1番楽しい。

この想いは統合する前も後も変わらない。

学生主体の運営での主将の役割は

・組織運営の中での意思決定役

・メンバーのカテゴリーの確定

・スタッフの方々やOBさんとの窓口

・たるんでるチームに喝を入れる

などなど、挙げるとキリがなくなる。

更には1年目のチームで、

・組織風土を作る。

・チームの核となる戦術を作る。

・分裂させることなく仲間意識を持たせる。

といった、より困難な役割も加わった。

そうした中で、誰よりもサッカーの勉強をしたし、組織運営も勉強した。

なぜなら、自分の失策が今後100年のチームの失敗に繋がると考えたからだ。

最初は「市大、府大の方が良かった」とか「学生主体だとサッカー上手くならん」とか、そういうネガティブな声が出ないように必死だった。だけど、いつの日か「本気でチームを良くしたい」「日本一のチームになる為の礎を築く」という想いが1番になり自分を突き動かすようになった。ほんまはしたくない事とか嫌やなって事も前向きに取り組めるようになった。

だからこそ、後輩とかが大学関係なく仲良くしているのとかを目にすると本気で嬉しいし同期のブログとかで胸が熱くなれる。ただ、そういう想いと同時に「2部昇格」という結果を残せなかった自分を本当に情けないなあと思う。

どれだけチームが1つになって、最高のチームになっても、サッカーでの結果がないと何の意味もない。

どれだけ接客が良くて、バイト同士の仲が良くても、美味しくないラーメン屋には行きたくないのと多分同じ。

ここで、どれだけ最高のチームで最高の仲間に恵まれて良い大学人生だったと伝えても、傍から見たら「3部の中堅のチーム」に過ぎない。

自分の1番の役割は「チームを勝たせること」

大事な試合前日に飲みに行った後輩にキレる事や寝坊してくる同期をしかる事など、その為のプロセスに過ぎない。

自分の1番の役割は「チームを勝たせること」

大事な試合前日に飲みに行った後輩にキレる事や寝坊してくる同期を事など、その為のプロセスに過ぎない。

もし自分が役割を果たせていたら、胸を張ってチームへの愛を叫べたかもしれない。

“本当にこのチームを愛してる”

後輩たちは心から、自信を持って、この言葉を言えるように絶対に負けるな。

役割を果たせず、結果も残せず、後悔だけが募る。そんな状況なのに、「心からやり切った」「最高のチームだった」だと満たされている自分が恥ずい。

思い返せば、1年前の今頃は府大とくっつく事が憂鬱で仕方なかった。面倒事が多そうなキャプテンを引き受けるのが嫌で仕方なかった。

それが今では、こんな激おも彼氏みたいなブログを書いている。本当に人生って分からないし面白いなと思う。

最後に、“十河立希”として自分が1番伝えたかった事を記して終わりにしたいと思う。

この1年間いろんな事をチームに伝えてきたが、総括すると

「自分の好きなことでは絶対に負けるな、その為に考えて考えて精一杯努力しろ」

ということ。

大学なんて人生のほんの1部でしかないと思う。

立希という名前を授かったこと

めちゃくちゃ良い親、おじいちゃんおばあちゃんに恵まれたこと

保育園から大学まで、めちゃくちゃ良い人たちと出会えたこと

このチームに出会えたこと

サッカーを始めたこと

これが自分の人生の誇り。

これに恥じぬよう残りの人生、自分らしく努力し続けたいと思う。

みんなも1回だけの人生、「最高だった」と胸が張れるように頑張ってほしいと思う。

つまりは、大好きなサッカーでは絶対に妥協するなと思う。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後のサッカー部の発展を心から期待しています!

ラスト1試合、絶対に勝とう!!!!!!!!!!!!

2022.11.18

「サッカーだけなんです」 4回生 柏木完太

こんにちは。
先日、小川から紹介に上がりましたオリオン柏木です。
今日はロマンティックな星の話をしようと思います。
オリオンは月の女神アルテミスの恋人であり、乱暴者であったため、神の遣いであるサソリに刺されて死んでしまい、冬の星座となった男です。それ故、夏の星座であるさそり座が東の地平線から上がってくると、恐れおののいて逃げるように西の地平線へ沈んでいくんだとか。
神話ってロマンティックですよね。

そしてオリオン座は一等星の星がリゲルとベテルギウスの2つ、2等星の星が、、、

って星の話をしに来たんじゃないわ。

僕は、おそらく人生最後となるであろう今回のブログで、サッカーについての想いを綴ります。最後まで読んでいただけると幸いです。

「まだまだこのチームでサッカーをしていたい。」
これが僕の今の気持ちの全て。なんか色々かっこいいことを伝えれないかと考えたけど全然無理だった。この気持ちは皮肉なことに引退が近づくにつれてどんどん大きくなっている。
なんでこんなに引退を目前にしても、楽で楽しい「楽楽」な引退ライフを待ち遠しいと思わないのだろうか。きっとそれは、僕がまだ納得していないから。「発展途上僕」だから。
週末の公式戦で
何回インサイドパスをミスした?何回ロングボールをミスした?何回ヘディングで競り負けた?何回1対1でボールをとりきれなかった?何回ラインを揃えるのが遅れた?何回チームメイトに正しい指示の声をかけれた?
全てのプレーが納得するには不十分で、それが今の実力。受け止めるべき現状。
これまでの練習で
きっと何万回とインサイドパスをしてきっと何万回とロングボールを蹴って、、、
数えきれないほど膨大な回数、時間を練習してきた。ゲームだったらレベルMAXになっていないとおかしいぐらい。それなのに未だにミスは1試合でも数えきれないほど起こってしまう。終わりが見えない、どこまでも高みへ導いてくれるサッカーがやめられない。
だけど、今週末の試合に勝つことができた。自分が納得できないプレーをしてしまっても、チームメイトのおかげで勝つことができた。みんなで喜びを分かちあうことができた。

これが僕の2つ目の「まだまだこのチームでサッカーをしていたい」理由。大阪公立大学サッカー部が大好きだから。

自分の活躍を喜んでくれる仲間がいる。自分のミスをカバーしてくれる仲間がいる。ゴール前で体をはってゴールを守ってくれる仲間がいる。ここぞという時に点を獲ってくれる仲間がいる。
発足した当時はどこかよそよそしくバラバラだったこのチームが今、本当に1年目とは思えないぐらいに「チーム」になっていると感じる。毎試合できることがどんどん増えてきている。応援してくれる仲間の声がどんどん大きくなっている。こんな感覚、多分このチームでなきゃ味わうことができなかった。
最高の同期、最高の後輩に囲まれて毎日過ごせる僕は幸せ者だなぁ。
こんな不確定要素が多く、いくら練習しても平気でミスをしてしまう。その度とても悔しくてまた練習する。工夫する。本気でチームメイトに要求する要求される。試合の結果に一喜一憂する。本当に素敵な人と僕とを繋いでくれる。
僕にとってそんなものはサッカーだけです。

サッカーだけです。普段仲のいいチームメイトと思いっきりぶつかれるのは。
サッカーだけです。汗まみれの男達との抱擁がこんなにも嬉しいのは。
サッカーだけです。僕の気持ちがこんなにも熱く燃え上がるのは。

「サッカーだけなんです」

星の勉強じゃ足りないんです。ナスの研究じゃ足りないんです。他の何でも今の僕にとっては補えないんです。

そんなサッカーが残り1試合で本当に終わってしまうんです。実感なんか湧くわけありません。終わってしまってからもまた、色々なサッカーにしかなかったものに気づかされるのでしょう。でもそれでいいんです。今の自分にとってサッカーは、大阪公立大学サッカー部は特別で。他の何にも替えられないものなんです。

このチームで過ごす時間は僕の宝物なんです。後になればなるほど、多分この宝物は磨かれて磨かれて、ピカピカに光るんです。だったら、今はただがむしゃらに、泥々になるまでサッカーに真っ直ぐ取り組もう。
残りラスト1試合、全力で闘おう。
大阪公立大学サッカー部1年目の集大成を、これから最高の後輩が繋いでくれるこのチームの可能性を最後にぶちあげよう。

絶対勝つ。

真っ直ぐに気持ちをぶつけすぎてしまい、まとまりのない文章となってしまいましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は大阪公立大学サッカー部1年目ブログの最終章、この1年間最もチームのことを考えて行動し、僕たちを1つの「チーム」に創りあげた主将、ゼウス十河です。

乞うご期待!!

2022.11.16

「10%輝くために」 4回生 小川莉久

こんにちは。チャームポイントはえくぼと根性。小川莉久です。 ここで書くことを悩みまくりましたが、言語化することも上手くないし、教訓を書くには掴んだものが小さい気もしたので、自分のことをつらつらと書きたいと思います。興味があれば読んで頂けると嬉しいです。

僕のサッカー人生の9割は、悔しい時間だった。
16年サッカーを続けてきて、自分が試合に出続けることができたのは中学3年と大学3年の約2年間だけ。後の期間はベンチ、もしくはベンチ外で過ごしてきた。大学では、試合に出続けることをずっと目標をとしていたが、それも達成しきることはできていない、
入部するとどのチームでもすぐに輝きを魅せている友達が常に隣にいる中、僕はいつも一番下から始まり、そこで一緒にやってた人達も気づいたら差をつけられていて、なんとか上に辿り着いても、何度も何度も落ちてきた。何回繰り返しても、毎回めちゃくちゃ悔しかった。
そんな状況を繰り返してるにも関わらず、自分より上手い選手が、自分より努力をしている。そんな姿を横目で見ていながら自分は何もせず先に帰ったりしていた。本当に俺は何をしてんだって思う。そういうところが自分の弱さだったんだなと思うし、それは追いつけるはずがないよなと思う。
ただ、自分が過ごしてきた9割の悔しい時間は、自分を強くしてくれたと思うし、自分の取り組み方には胸を張ることができる。
下にいるときに、自分の不遇を嘆いて文句をいうことはいくらでもできるし、ある程度手を抜いて緩くやることも簡単だと思う。自然にやっていると、そうなるものだとも思う。だからこそその流れには必死に抗わないといけない。
僕はどんな環境に置かれても、自分がその時にできる全力は常に出してきた。ピッチの中では苦手なことが多くて、できることが限られている。だからこそ、自分が輝くためにはやるべきことを見失ってはいけない。責任を持ってやりきらなければいけない。ピッチ上でなかなか輝くことができないのなら、ピッチ外では模範的でなくてはいけない。
そうしてなんとか自分の存在価値を作ってきた。 だからこそ、たとえ1割だけであってもサッカーをして輝ける時間を過ごすことができた。

もし自分の周りが、サボることをかっこいいとしていたり、もがいている姿を笑うような集団だったら、自分も自然な流れに流されていたと思う。ただ、これまでサッカーを通じて出会った人たちはもれなく魅力を持った人達で、尊敬できる所があり、自分を正しい場所に導いてくれる存在だった。公立大になってもより一層そうだった。だから今、自分が最後に胸を張ることができている。本当にみんなが好きだし、感謝している。 
なかなか上手くいかないサッカー人生でも、やり続ける価値がある、努力して諦めない姿を見せたいと思える人達が常に周りにいたことがすごく幸せなことだと、何度も感じているし、これからも思い返すんだろうと思う。

サッカー人生も残り一週間。ここで何か変わるかもしれないし何も変わらないかもしれない。ただ、今までの多少なりとも頑張ってきた自分に、そして、導いてくれた周りの人に対して、責任を持って最後までやりきることで感謝を表したいと思う。
最後まで読んでいただきありがとうございました。この文章から少しでも自分の気持を感じてもらえていれば幸いです。
次回は星検定の取得を考えているオリオン柏木こと副将の柏木完太です。僕の前を常に歩んでいた彼が何を考えていたのかとても気になります。楽しみにしていてください!

2022.11.14

Back Number